忍者ブログ

後ろ姿

 座標平面を円や直線が移動したり、数式が変形していったり、ともかく、そういう事が起こってなにかを理解することは、ありうることです。ただ、そんな現象を起こすには、相応の積み重ねが必要でしょう。
 
 ヴェイユが言うところのいくつかの概念について、それらの意味するところにふっと入り込んだような気がしたのですが、はっきりとした図形が見えたというわけではなく、ただ霧に包まれたのみというのが的確でしょう。そして、ぼんやりしていたら霧は晴れてしまいました。
 
 後ろ姿を見かけることはできたわけです。しかし、追いかけるだけの足腰が未だ備わっていなかった。
 
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

profile

Hikari Miito

search

Mail Form