忍者ブログ

時間、体力、教育、知識

 残業をして部屋に帰ると、必要最低限のことをする体力しか残っていないから、全然インプットできないし、アウトプットなんか論外。
 そんなようなことが口を揃えて語られていたことを思い返すに、どうにもおかしかろうという思いを強くします。
 
 がんばる後輩Eさんが、「先輩! 最近の景気はすごいですね。アベノミクス。なんなんですか、あの盛り上がりは?」と訊いてきたので、私としては、そんな用語が後輩さんにまで浸透していたのかということの方に驚いたぐらいです。
 それにしても。誰が最初に言い出したんでしょうか、アベノミクス。私としてはそっちの方が気になります。
 ……それはともかく。今までがおかしかった、異常だったというだけであって、ただたんに普通の政策になっただけにすぎないという観点は、必要だろうと思います。政策を軌道に乗せる、実現させるためにお囃子が必要だというなら、まあ、名前を付けてぶちあげるのも、ありでしょう。とはいえ、実際に動きが出てくるのは、今週からです。
 
 知識や情報といったものは、自らが必要だと明確に認識しなければ、ろくに定着しません。こんなものがなんの役に立つの、というか、こんな無駄なことやってらんない。そんな風に思っていることが身に付くほうがおかしい。それをちゃんと説明できない者が多すぎます。
 
 
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

profile

Hikari Miito

search

Mail Form