忍者ブログ

旅の文庫

 新幹線というものは、ぼんやりと軽めのものを読んで過ごすのが最適であろうと、前回の往復で思ったわけです。軽めというのは、軽めであって、エッセイ程度です。作り話は、ものによりましょうが、ちょっと重量を超えている可能性があります。
 再読であれば、論文でもいいとは思います。

 なんでこんなこと言っているのかは、またどこか行こうと思い立ったからにほかなりません。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

profile

Hikari Miito

search

Mail Form