忍者ブログ

ヴェイユ本、2冊

 品切れなので図書館で探してみてくださいとしか紹介することができなかった一冊が、いつのまにか「岩波人文書セレクション」に収録されて、あらためて出回っていました。
 
冨原眞弓、『シモーヌ・ヴェイユ』、岩波書店 978-4-00-028561-2
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/0/0285610.html
 
 ヴェイユを、とりあえず大づかみで知るのに最適の一冊です。
 とはいえ、値段が値段なので、「とりあえずは図書館で借りてから購入を検討してはどうでしょうか」としか言えません。
 
 もう一冊。
 
鈴木順子、『シモーヌ・ヴェイユ 「犠牲」の思想』、藤原書店 9784894348752
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1280
 
 売り文句の中の「初の試み」という部分には異議を唱えたいところですが、そこは軽く流しまして。
 「犠牲」という概念を軸にヴェイユを捉えようとした「野心作」です。その軸で、三度の神秘体験の前後を鮮やかに整理した部分は、大いに参考になりました。
 
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

profile

Hikari Miito

search

Mail Form