忍者ブログ

伊吹契『アリス・エクス・マキナ 02 囚獄のトロンプルイユ 』2014

伊吹契『アリス・エクス・マキナ0 2 囚獄のトロンプルイユ』2014
 
 もうすぐ3巻目が発売になりますので、前回に引き続き、2巻目を。3巻で完結予定でしたか、そんな記述を見かけました。
 これがだらだらと15巻とかまで続くようだと、こちらとしてもほかに読むべき本の都合で、後回しか読み止めにするところですが、幸いでした。
 上中下。適切な分量ですね。
 
 読んでいて、トジコはアリサなんじゃないかなという考えが頭をかすめましたが、それにしちゃどうもおかしいなと思ってその考えは却下しました。結果として、別人(別アリス?)だったわけですが、では誰なのかとなると、ああ、彼女でしたかというのが、結末と相まって、3巻への期待を膨らませてくれます。
 
 トジコについても同様に、今回も嘘、嘘というか、騙しあいというか、化かしあいが重要なわけですが、今回は探偵見習いが主人公なので、そういうもの、ミステリとか推理小説……推理ではないですが、として読めますので、よろしいのではないでしょうか。
 嘘というか、トリックというかは、アクロイドやオリエント急行レベルです。ちゃんと書いてあるのでフェアーです。 
 
 1巻に比べて、大いに盛り上がるという箇所もなく、どちらかというと私はたんたんとしているなと感じて、実際そう読んでいました。3巻、上中下の真ん中、休息、間奏曲みたいな位置づけを、とりあえずしておきます。
 
 3巻を楽しみに待ちましょう。
 
 
 

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

profile

Hikari Miito

search

Mail Form