忍者ブログ

基礎知識必須

土岐健治『死海写本 「最古の聖書」を読む』講談社学術文庫
 
 あとがきに書いてあるように、底本は講談社文庫の『はじめての死海写本』とかいう本であって、それじゃあまりにも不親切きわまりなく、学術文庫に収まって、よかったよかったというところ。 
 
 ただし、厳密には、これもあとがきに書かれているけれど、「最古の聖書」を読んでいるわけではなく、いわゆる死海写本という一群の資料の中で、旧約以外のものを記した写本から、死海写本を残したであろうクムラン宗団の思想を垣間見よう、という本なので、その点は注意されたし。
 
 で、その意図はとてもよく達成されていると思います。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

profile

Hikari Miito

search

Mail Form